Presentations (selected)

  • Masato S. Abe.
    Lévy walks emerge near a critical point.
    SWARM2019, November 2019, OIST.
  • Masato S. Abe, Mihoko Otake-Matsuura.
    Scaling laws in spoken-language associated with cognitive functions.
    日本数理生物学会, 2019年9月14日, 東工大大岡山キャンパス.
  • 阿部 真人.
    ウェブのトピック間相互作用にもとづく生態系ネットワーク.
    ウェブサイエンス研究会 人工知能学会合同研究会, 2018年11月22日, 慶応大学矢上キャンパス.
  • Masato S. Abe, Shin-ichiro Nakayama, Haruna Fujioka, Masakazu Shimada.
    Detecting interaction patterns in ant society by cross-embedding method.
    JSMB 2016, September 2016, Fukuoka.
  • Masato S. Abe, Shin-ichiro Nakayama.
    Identifying causal relationship in partially deterministic systems from time-series data.
    ASIA-PACIFIC ECONOPHYSICS CONFERENCE 2016, August 2016, Tokyo.
  • Masato S. Abe, Taro Takaguchi, Yuichi Yoshida.
    Relationship between rank difference and aggressiveness in dominance hierarhcy.
    ISBE 2016, July 2016, Exeter.
  • Masato S. Abe, Shin-ichiro Nakayama.
    Identifying causal networks from time-series data of noise-driven dynamics.
    NetSci 2016, June 2016, Seoul.
  • Masato S. Abe, Naoki Masuda.
    Modeling dominance networks 
with intrinsic node weights.
    CCS 2015, Oct 2015, Arizona.

Workshop & Event Organizations

  • ネットワーク科学セミナー2019.
    2019年8月28日-30日, 統計数理研究所. [link]
  • 阿部 真人, 藤岡 春菜.
    ネットワークが切り拓く生態学の最前線.(シンポジウム)
    日本生態学会, 2019年3月.
  • ネットワーク科学セミナー2018.
    2018年8月29日-31日, 統計数理研究所. [link]
  • Adam Cronin, Masato S. Abe.
    Exploiting digital tools to generate new insights into behaviour and ecology.(企画集会)
    日本生態学会, 2018年3月15日, 札幌.
  • ネットワーク科学セミナー: つながりと相互作用のランダムネス.
    2018年2月13日-14日, 統計数理研究所. [link]
  • ネットワーク科学セミナー2017.
    2017年8月30日-9月1日, 統計数理研究所. [link]
  • 中山 新一朗,  阿部 真人.
    生態学における因果推論:convergent cross mapping とその周辺.(企画集会)
    日本生態学会, 2016年3月24日, 仙台.
  • 笠田 実,  阿部 真人.
    駒場生態進化塾.
    東大駒場キャンパス, 2010-2012. [link]

Invited Talks

  • Masato S. Abe
    Quantifying dynamics and structures in behavior.
    The 5th Workshop on Self-Organization and Robustness of Evolving Many-Body Systems, 13th Dec. 2019, RIKEN R-CCS.
  • 阿部 真人
    力学系と非線形時系列解析の基礎と応用.
    生態データ統計モデルの包括的推進:個体群・群集・個体, 2019年9月3日, 統計数理研究所.
  • 阿部 真人
    社会性昆虫アリにおけるネットワーク構造とダイナミクス.
    トヨタ群体数理技術検討会, 2018年11月13日, 名古屋ミッドランドスクエア.
  • 阿部 真人
    定量データから迫る行動学の新展開.
    京都大学生態学研究センター 研究集会「異なるマクロ生物学分野のインタープレイ」, 2018年10月27日,  鳴門教育大学.
  • 阿部 真人
    CCMを用いた動物の集団行動における相互作用解析.
    京都大学生態学研究センター 公募ワークショップ「進化と生態の階層間相互作用ダイナミクス:生態学のリストラ3」, 2017年3月11日,  龍谷大学瀬田キャンパス.
  • 阿部 真人
    時系列データを用いた因果ネットワーク推定法の最前線.
    日本微生物生態学会 シンポジウム, 2016年10月24日,  横須賀.
  • 阿部 真人
    非線形時系列解析を用いた生命現象解明の新展開.
    早稲田大学電気情報生命 浜田研究室, 2016年8月29日,  西早稲田キャンパス.
  • 阿部 真人,  藤岡 春菜.
    トラッキングを用いた社会性昆虫の動態と個体間相互作用の解析.
    日本応用動物昆虫学会 シンポジウム,  2016年3月28日,  大阪.
  • 阿部 真人.
    動物社会におけるネットワーク構造.
    複雑ネットワーク・ウィンターセッション2015,  2015年2月20日,  札幌.
  • 笠田 実,  阿部 真人.
    Dual Frustration Game の紹介.
    第14回ダーウィンセミナー,  2009年12月18日,  東京工業大学田町キャンパス.

アウトリーチ活動

  • 阿部 真人.
    数学で理解する生物と社会.
    多治見セミナー, 2020年9月18日, 多治見高校.
  • 中日新聞 2020/10/9 朝刊で報道されました.

  • 阿部 真人.
    情報としての生命とウェブの生態系.
    Open for the public, 2019年3月23日, EDGEof.
  • 阿部 真人.
    生命とは何だろうか? -細胞、昆虫、人工知能を例に-.
    多治見セミナー, 2018年11月14日, 岐阜 多治見市産業文化センター.
  • 阿部 真人.
    僕らは集まって生きている -細胞集団から動物の群れ、人の社会まで-.
    第1回 Pint of Science Japan, 2017年5月20日, 東京 下北沢.

Referee Services

  • PLOS ONE, Ecological Research, Entomologia Experimentalis Applicata, Biology Methods & Protocols, Chronobiology International, Review of Scientific Instruments, Journal of Animal Ecology, 情報処理学会論文誌, 日本生態学会誌